Home > お買い物 > 手芸便利道具 Archive

手芸便利道具 Archive

布のしるし付け チャコ



最近この三角のチャコをよく使います。

パッチワークでは、裏は鉛筆表は水で消えるチャコペン

今までパッチワークでは裏は鉛筆でしるしをつけてを使っていて
表部分はラインが残るのがいやなので水で
消えるチャコペンを使っていました。

普段のハンドメイドでも一緒だったのですが、
最近、範囲が広いところは
この三角のチャコを使いだしました。

鉛筆のチャコみたいにぼきぼき折れないし、
書くときの滑りもいいです。

ハンドメイド チャコ.jpg

三角のチャコを使った感じ。

角は十字になるように印をつけて
先が書きにくくなったら、削ればいいですしね。
それに、鉛筆だとかけないような、色の濃い布などもしるし付けできるのが
嬉しいところです。


使う布や、作る大きさごとに、鉛筆・水で消えるチャコ・三角のチャコを使いわけていこうと
思います。

パッチワークブログランキングに参加しています。(#^.^#)
更新頑張らなきゃ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

    

 

スイートローズプレートで巻きばらを作ってみました。

巻きばら画像.jpg

スイートローズプレートで巻きばらを作りました。
いままでスイートローズプレートがあるのを知っていたのですが、
いまいち自分の好きな感じの巻きばらが作れるか疑問だったのですが、

最近借りた本で、こうの早苗さんのカルトナージュの本があるのですが
お飾りにコロンとしたこの巻きばらがあってとてもかわいいかったで私も作りたい!と思い、
本と同じく、スィートローズプレートを購入してみて作ってみました。

巻き方によってもっとふんわりした感じの巻きばらも作れます。


スィートローズプレートで巻きばらを作る

巻きばらプレート.jpg


大きさは3つあるので一番小さいものと、その次の中間くらいの大きさのものを
購入しました。

プレートを使えば簡単に巻きばらができるのかと思っていたのですが、
巻きばら自体作るのが初めてなので、その仕組みがわからず、
説明書をじっくり読んで練習して巻きばらを作りました。
巻く感じも作り手によって違ってくるので最初は戸惑いました。

何度か練習するうちに作る動作にも慣れて、なるほど・・・・こうやってバラの花びらの
感じを出すのね。と理解できました。

プレートを使わず巻きばらを作る方法もあるらしく、
見てみるとプレートを縫いこまずに、折り込んで同じように縫っている方法もありました。

(スイートローズプレートは布に挟み込み縫っていき、プレートを外すんです。)

でもプレートの使い方も慣れてきたので私はプレートを使った
巻きばらをいくつか作りたいと思います。

バレッタにしてもかわいいし、和布を使って浴衣に着るときの髪飾りを
作ってもかわいいかな?と思っています。シュシュにバラを縫い付けても
かわいいかな~。

パッチワークブログランキングに参加しています。(#^.^#)
更新頑張らなきゃ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

    

 

らくらく糸通しを使ってみて。

らくらく糸通し.jpg


おばあちゃんの花園をペーパーライナーを使ってしつけをしているのですが、
糸通し抜群に役立ってくれています。

糸を通すのが本当に楽になりました。

しつけ糸は、縫い糸より少し針に通しにくかったのですが、
針を入れて、糸をセットしてぽん・・・と押すだけで
糸がループ状に通してもらえます。

何度か使っていると、はり穴に糸が通らない時もありますが、
もし通らなかったら針を少し触ってまたレバーを押すと通りました。

糸通しで縫う作業がスピーディに。

針に糸を通す作業ってあまり気にしていなかったのですが、
糸通しを使いはじめてから、針を通す作業ってわりと時間が
かかっていたんだな。。。と気が付きました。

机に置いて使うので、いちいち普通のスレダーのように
手に持たなくていいので、針を入れ、糸をセットするという動作が
さっとできます。

そして針も一時置きとして、針入れに入れておくこともできますし、
カッターもついているので、手元に糸きりがないとき切れます。

おばあちゃんの花園でペーパーライナーで作る時に・・・

おばあちゃんの花園でペーパーライナーを使う場合、
しつけの作業時間が多く何度も針にしつけ糸を通すので、
重宝しています。

楽天市場

アマゾンより
 デスクスレダー(らくらく糸通し)ピンク

パッチワークブログランキングに参加しています。(#^.^#)
更新頑張らなきゃ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

    

 

らくらく糸通し買いました

らくらく糸通し


ずっと前から手芸用品店にある定番のような糸通し。
ついに買いました。
パッチワーク教室などでも、先生が使っていたので使い方などは知っていたのですが
購入には至らず。。。でもついに時がきました。

ちょっと老眼が入ってきた??

もともと目は良い方で
糸を通すときや、縫うときにそんなに目に負担を感じる事はなかったのですが。。。。
ここ一年かな?とにかくここ最近縫うとき、ちょっと焦点が合いにくい。
ちょっと遠くにずらすと、焦点が合う。。。
でも気のせいかな?なんて思っていました。針を通すときも前より焦点が合う位置が
遠いせいで針が通しにくいなぁ・・・とは感じていました。

最近、父母が家に遊びに来ているときに、おばあちゃんの花園を縫っていて、
その時にその話をすると、老眼鏡を貸してくれたんです、

今までメガネをして見えやすい!と思ったことは一度もなかったのですが。
驚くほど見えやすいこんなに見えるものなの?と驚きました。

ほんの少しショックでしたが、やはりもう20年近くパッチワークもしてきたし、
目が悪くならない方が不思議なくらいだったのかも。。。と思い、
いつか針を通すのが難しくなったら買おうと思っていた糸通しの購入にいたりました。

ネーミング通りらくらく糸が通りました

  1. 針をセットする
  2. 糸を軽く押さえながら
  3. ぼたんを押す

この作業だけで簡単に針に糸が通せました。
使えない針もあるそうなんですが、
太さが0.51~0.89mmの楕円形の針穴のものが対応しています。
これからはどんどん使っていきたいと思います。

パッチワークブログランキングに参加しています。(#^.^#)
更新頑張らなきゃ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

    

 
1  2  3  4  5

Index of all entries

Home > お買い物 > 手芸便利道具 Archive

About

Return to page top