本文へスキップ

tesage -バック作り方サイトー カバンバックなどの紹介や簡単な作り方の紹介サイトです。



スポンサードサイト                           

商品紹介バッグ作り布の種類

ハンドメイドで作るバックに使える布いろいろ



 布の種類画像


バッグ作りには、さまざま布に使える生地があります。
組み合わせも多数です。主にこのサイトで使う生地などを紹介してみます。

丈夫なバッグ作りには普通地から厚地を使う・・・


物を入れたりする用途のバッグ作りには、普通地から厚地を使う方が、
丈夫なバッグが作れます

ソーイング・ハンドメイド初心者の方は普通地の生地で作ると布が扱いやすいです。


普通生地と呼ばれる生地は、コットン・麻などですが、ハーフリネンなども風合いがあっておススメです
重ね縫いなど、家庭用のミシンでも扱いやすいです。
それにコットンは色や柄などもたくさんあり種類豊富です。
デザインもたくさんあるので、いろんなタイプのバッグ作りが楽しめます。

ガーゼでもダブルガーゼなどなら、裏地をつけたり工夫すればある程度丈夫なバッグが作れます

普通地
綿
(コットン)

布の種類が豊富にあるのでさまさまなハンドメイドにもよく使われています
柄などもチェック・ストライプ・花柄・無地など
さまざまあり、丈夫で扱いやすくソーイング初心者さんなどに向いています。
エコバッグ・グラニーバッグ・トートバッグなど
 麻(リネン)
 ハンドメイドでもよく使われる、種類も多数あり、
風合いはとても良くて丈夫。乾きやすい
キッチンクロスなどでも使われている。
水で縮みやすいため、水通しは必ずすること。
エコバッグ・グラニーバッグ・トートバッグ・など
 ハーフリネン
 リネンと、コットンなどが混合した生地。
リネンの風合いが生かされ、丈夫で使いやすい生地
エコバッグ・グラニーバッグ・トートバッグなど



厚手生地で丈夫なバッグ


丈夫で長く使いたいバッグを作る場合、厚手の生地などが
風合いなどもあり、市販のバッグなどの生地にもよく使われています。
デニムや、インテリアファブリック 帆布などもバッグの生地として丈夫に
出来上がるので向いています。

厚手の布だと、家庭用ミシンでは縫いにくい・縫えない場合などがあります。

厚地の生地
デニム
 ジーンズなどに使われる布地。強く丈夫です。
デニムにはオンスという単位があり、
普通のデニムパンツは、14オンス前後ということなのでそれに近いものが厚手
数字が小さくなるほど、薄手になります。
トートバッグ
帆布
(ハンプ)
 市販のカバンになどにもよく使われる生地丈夫な生地で
帆船の帆に使うために作られた生地で、1号から11号まである、
一号が一番厚く11号が一番薄い生地になる。
トートバッグなどシンプルなバッグに使われます。


キルト芯が入った生地

通園・通学などの低学年の小さなコに持たせる事が多い、キルト地ですが、
柔らかく、綿が入っているため中に入っている物も保護する役割も大きいです。

 キルト
布地
 布と布の間に、キルト芯(綿)が挟まれています。
3枚(表・キルト芯・裏布)が一枚になっているので、柔らかく
丈夫な出来上がりになります。
通園バッグ・シューズ入れ・絵本バッグ・子供リュック・などにもよく使われます。

他にもいろいろな種類の生地があります

tesage店舗情報

tesage -バック作り方サイト

 サイト管理人のsakuraです
このサイトではカバンやバッグの
作り方やお話などを紹介したいと
思います。

メインサイト
楽しむキルトノート
ブログ
暮らしとハンドメイド
 tesageメニュー
 バッグ作り基礎
ハンドメイドバッグ
 通園バッグ・子供バッグ
100均素材を使ったバッグ
その他のバッグ・活用バッグ
バッグ作りお役立ちンク集